営業職での転職活動における給料の上げ方

営業,転職 情報

今回は、営業職で転職する時の給料の上げ方を書きます。
ここでは英語が喋れたり、何か特殊な資格を持っているという前提は外しています。普通の営業の転職で給料を上げる方法です。

その為には、現職か前職で自慢できる実績を作っておきましょう。もし、実績がなくてもやる気と気合いだけで、試用期間中に結果を出せば給料は上げられます。もし給料を上げれなくても今度の転職の時に、その実績が使えます。

対象としては正社員で中小企業に勤務で年収が400万ほどです。
それから今回の転職は未経験の分野の場合になります。

 

・最初にオススメの転職サイトのご紹介
・次にオススメの会社規模を紹介致します。
・そしてオススメの分野を紹介致します。

転職サイトは別に営業職でない方でも全く問題ありません。
ここで一番大事なことは、応募は転職サイト経由ではなく、自分で直接企業のホームページから申し込みましょう!!

営業 転職

転職サイトでは、自分の志望動機作成と面接対策の為に登録します。

転職サイトには自分の希望分野の練習としての登録をオススメします!!
転職サイト経由だと、会社に仲介料が取られてしまうので、自分の希望年収で就職するのは難しいです。

もし希望年収で就職できたとしても、転職サイトを経由しなければ、もっと高い年収で就職できたはずです。そんなコストロスしたくないですよね。

営業での転職サイトのオススメはdoda

1,転職の面談は何回でも可能

dodaではキャリアカウンセリングが何回でも可能です。
転職活動って不安になりますよね。とある転職サイトだと1回あったら、それきりです。あとは電話での対応になります。

それだけでは不安ですよね?聞きたいことができても気軽に聞けない(´;ω;`)
dodaなら、親身になって何回でも相談にのってくれます。
ただ節度はあります。笑

dodaなら何回か面接受けた後にキャリアカウンセラーに相談することができます
フィードバックを貰うことができて、内定への道が切り開けてきます。

2,面接の転職対策の面接官が元人事

dodaでは模擬面接を行ってくれます。しかし回数には限りがあります。
しかも模擬面接をやってくれる面接官が元人事の方です。

この模擬面接では、面接官が懇切丁寧に改善するべきこと、もっともな転職理由や志望動機の作り方などを教えてくれます。
私もこれで志望動機を作成しました。

3.他社の転職求人でも相談にのってくれる

これはキャリアカウンセラーによりますが、dodaでは他社の転職求人も相談にのってくれました。とても、いい会社ですよね。私も実際は他社の求人で転職しました。他社の求人に限らす相談にのってくれるので、お友達が転職する際はdodaを必ず紹介するようにしています。だって、めっちゃ親切な会社だから。

私の場合、給料は上がりましたが、転職サイトを経由しなければもっと給料を良かったのかと後悔しております。ポイントは転職サイトを経由しないで会社に直接、自分で申し込むことです。

転職時の企業を選ぶ時の注意点

ここで注意することは転職する際に気を付けることは大手企業を受けないことです。大手企業に例え、就職できても、前職より給料が上がることはなかなかないです。

なぜなら大手企業で給料を上げて入社するには、色んな人の承認が必要だからです。よっぽどの実績や、同じ業界での経験値があれば別ですが・・・

ここで狙いは中小企業です。またはオーナー企業。会社の社長が自社株の55%以上を所有しているか?もし所有していたら会社の決定権は社長が持っているので、面接で社長にPRすれば給料が上がりやすくなります。

中小やオーナー企業なら社長との距離が近くなるので、面接で実績や自己PRをしっかりすれば給料を上げやすくなります。普通は内定を貰ったあとか、その前に年収の話合いがあると思います。ただ中小やオーナー企業なら社長と直々に年収交渉になるので、その時に堂々と希望給料額を言うこと。

ここで一番大事なのが、余裕を持っておくことです。その会社に入らなくても困らないという余裕を持っておくことです。内定を他社で貰っていて選べる状態にするとか、すぐ就職しなくても困らないように貯金をしっかり持っておくとかです。切羽詰まっていると向こうもわかるので、年収を低めに提示してきます。

実績と余裕と、会社に入ってからも実績を上げること、就職する分野に凄い興味があること、その分野を勉強するのに凄い興味があることを豪語すれば給料は上げれます。

入ってから実績を上げられなければどうしようと不安に思うかもしれませんが、営業は数を打つことが大事です、PDCAを回して数を打てば数字で付いてくるので問題ありません。

入社の段階で年収が低いと、今の日本では給料が上がることはないです。
入社の段階で年収を高めにしておきましょう!!

営業のオススメ分野はSES

SESとは、Sales Engineer Salesです。簡単に言うと人売りです。

エンジニアが不足している企業にエンジニアを派遣する仕事です。
原価がほとんどかからないので、とても利益率が高いです。調べていただくとわかると思いますが、SES系は給料が高いです。利益率がとても高いので給料を高くしても問題がないということです。

今の時代、人手がだいぶ不足しているので、SESの業界が下り坂になるようなことはないと思います。逆にエンジニアも不足しているし、SESをやる営業も不足しています。SESはIT系の知識も少し必要になってくるので、IT系に興味があるまたは、IT系に挑戦したい方には穴場の分野なんです。転職お考えの方は、この機会に登録だけでもどうぞ!!