薄毛の対策には紫外線を浴びない事が重要だけど、帽子をかぶって蒸れても薄毛になりやすい

情報

薄毛には究極の選択

究極の選択のように聞こえますが、ほぼ事実だったりするので悩みます。

薄毛で悩んでいる男性の皆様は多いと思いますが、薄毛を予防する方法も色々あって困ると思うのです。

だいたい多くの薄毛対策を紹介している本やサイトでは、頭皮は紫外線に弱いからなるべく紫外線を浴びない様に帽子を被りましょう。

とか書かれているので、じゃあその様に今年はしっかりと帽子を被って頭皮に直接紫外線が降り注がない様に気を付けようと実践すると思うのです。

しかし、夏の暑い時期などでは、帽子を被って外を歩いたり走ったりしていると必ず!帽子の中が蒸れて来ます。

暑い時期に帽子が蒸れたままだと、汗と蒸れから頭皮にアセモを発症し、ここに細菌が繁殖して頭皮湿疹になります。頭皮には毛穴が多く汗や脂の分泌が盛んですから、身体の他の部位よりもずっと炎症をおこしやすいです。

そうなると頭皮の血行が悪くなって薄毛の症状が進行してしまうと言う悲劇に見まわててしまうのです。またキツイ帽子をかぶると血行不良になり髪が抜けやすくなってしますという症状がでるみたいです。

 

脱毛の中には、成長期の毛であるにもかかわらず、休止期(抜ける時期)にいきなり入ってしまうことで発生する「休止期脱毛症」があります。女性に多い「びまん性脱毛症」も休止期脱毛症の1つです。

帽子をかぶっていても毎日シャンプーをしていれば大丈夫と考えている人が多いと思いますが相変わらず不潔な帽子をかぶっていると、頭皮に細菌が繁殖してシャンプーをしても無駄になり薄毛が進んでしまいます。

このような悪循環を防ぐためには帽子の通気性と清潔を保つことが何より重要です。

特に汗の多いオデコ部分が汚れていると、M字ハゲを加速させるとも言われているので気をつけてください。

薄毛を防ぐには、紫外線を浴びない様に帽子を被るべきなのかそれとも、蒸れを防いで血行を良くして行った方がイイのか?

どちらを取っても薄毛の予防にはならないと言う~何とも言えない状況に陥るのです。

一番ベストなのは、帽子を被っていても蒸れない事なのですが、なかなかどうして蒸れを防ごうとすると帽子の頭に当たっている部分を網目の様にしなければならないです。

そうすると結果的に紫外線を防げている様で防げていない状況になってしまう事が多いのです。

麦わら帽子や菅笠は?

ただ、その夢の様な条件を叶えてくれそうなのが麦わら帽子ですが、麦わら帽子でも蒸れる時は蒸れるので、完全に蒸れを防げる帽子は存在しないと思った方が良さそうです。

しいて挙げるなら、一部の地域で被られている菅笠をかぶると言う方法もあります。

菅笠をかぶる時は、頭から落ちない様に竹の枠組みを頭に被せるのですが、頭全体に密着する様な事も無いので蒸れは起きません。

また、菅笠は頭全体を覆って肩まで日影にしてくれるので、紫外線を頭皮に直接浴びると言う事も無いので、かなり薄毛対策には有効な気がするのです。

しかし、思い出してみてください。

菅笠は普段ドコにでも売っているモノでは無いし、被っている人が居たら思わず見に行ってしまう程に珍しい存在だったりします。

なので、これだ!!菅笠を買うぞ!!と思った方は、他の通行人の人から珍妙なモノを見るような目で見られても良いと言うフサフサの毛が生えた心臓をお持ちの方位しか、実践できない特殊な被り物と言う事を念頭に置いて欲しいですね。

とりあえず、薄毛の対策をしている人は、紫外線を対策するのか?蒸れを防いで行く方に尽力するのか?を選んだ方が良さそうです。

薄毛に対する最近の研究では帽子を上手く使えば育毛の助けになる

最近の研究では、帽子をうまく利用すれば、ハゲる原因どころか育毛に役立つみたいです。帽子はとても役たつアイテムになっています。

しかし年中同じ帽子をかぶるのはオススメしません。洋服もシーズン毎に変えるように帽子もシーズンで変えましょう!

夏の帽子にオススメする素材には太陽光線の強さから頭皮を守り、通気性がよく清潔が保てるものが求められます。特に紫外線は予想以上に頭皮にダメージを与えるため、これをしっかりブロックすることが夏用帽子の第一の役割です。

頭皮に浴びる紫外線はなんと身体の2倍、3倍と言われています。その結果毛根にダメージを与えて脱毛に繋がります。体への日焼けよりもずっと申告な問題です。

紫外線は毛根だけではなく、髪そのものも痛めます。

紫外線による髪への悪影響は毛髪のタンパクを変形させ、それが髪の痛みの原因になります。さらに髪の内部に空洞を発生させ、引っ張った際の強度が低下して切れ毛になったり、パサツキが起こったりします。

健康か髪を維持するには、夏場の紫外線対策を欠かすことはできません。

薄毛に対する夏用帽子のオススメ素材

夏用帽子に良いのはニット帽やUVカット素材のものです。あと汚れたら簡単に丸洗いできる素材であることもポイントです。

簡単に丸洗いできる素材は綿や混紡の素材で、ピケ帽やニット帽など芯やツバのない形状のものです。中には洗濯機で洗っても大丈夫なものもありますので面倒くさがりの方は洗い方を確認してから購入しましょう!

オススメの帽子は「アウトドアハット」です。その名前の通りアウトドアで使用することが前提となっていますのでUV加工などもきちんとしてありオススメです。