花粉症と風邪の線引きが分からない時の調べ方

情報

花粉症は春先の時期に多いの症状ですが、実は風邪をひく人も多い様です。

花粉症の主な症状の一つにくしゃみが止まらない(または止まりにくい)と言う症状に悩まされますが、実際の所本当は風邪からくるくしゃみだったりもするのです。

この場合、花粉が原因のアレルギー症状と風邪の菌の活動が原因で起こる風邪の症状には似たり寄ったりな事が多いので、どちらかが分からないまま苦しんで疲弊ししまってる人をよく見かけます。

また、症状が丸かぶりなので、どちらの薬を優先的に飲んだら良いか分からない人も多い事でしょう。

そんな状態を打開するために、花粉症なのか風邪なのかをハッキリさせる方法を伝授しましょう。

花粉症なのか風邪なのかハッキリさせる方法

一番簡単に分かりやすいのは鼻水で、ちょと水っぽくてサラサラした普通の水の様な鼻水が出る場合は、ほぼ100%花粉症から来る鼻水ですね。

アレルギー性鼻炎の特徴で、花粉症の鼻水はとにかく花粉などの異物を洗い流そう!と言う判断を身体が下すので、それでサラサラの水分の様な鼻水が出るのです。

一方風邪の鼻水はモッタリとダマになっていて粘度の高い鼻水が出る事が多いです。

これは鼻水の中に風邪の原因菌などを閉じ込めている事が原因で、ダマダマして更に色が少々緑色っぽかったりしたら、その中には風邪の菌がたくさん入っている汚い鼻水なので、速攻でかんで鼻から出し切って欲しいですね。

鼻水は基本的に異物や雑菌などを身体の中に入れない様にするために分泌される液体です。

身体の中に侵入して来ようとする異物によってその形状を変化させるので、それで花粉症の時と風邪の時とは形状が若干異なるのです。

と言う感じで、今出ている鼻水がサラサラしている人は花粉症などのアレルギーで、ねっとりダマダマした鼻水が出る人は風邪と言う事になるでしょう。

ただ、この辺は素人と言うか医療関係者でも何でもない、経験が豊富な民間人の意見なので、もっと専門的な意見が聞きたいと言う場合はかかりつけの医院や病院などに行ってみてください。

今は杉やヒノキの花粉が中心で空気中に漂ってますが、花粉症の症状と言うか花粉の猛威は極寒の真冬を除いてほぼ一年中あります。

今は特に何の花粉症の症状が出ていないと言う人でも、将来的に何らかの花粉症の症状が出る可能性があるので、気になる方は自分にどんな植物の花粉症があるのか、医療機関で調べて貰てみてください。

花粉症と風邪の症状が両方でている場合、どの薬を優先するか?

最後に、花粉症と風邪の両方の症状が出ている人は、どの薬を優先的に飲んだら良いのか?と言うと、基本的には風邪薬を先に飲んでください。

風邪が治ったまたは花粉症の症状の方が頭角を見せて来たな?と思ったら、その後で花粉症の薬を飲む様にしましょう。

花粉症になってしまう人の特徴

花粉症になってしまう人の特徴として、加工食品などのスナック菓子、カップラーメンを好んで食べてる傾向があります。

加工食品などは成形などをして消化には時間がかかる成分が入っていたりします。

カップラーメンの麺は消化するのに1週間かかります。

そうなりますと腸に凄い負担がかかります。

最近は加工食品やカップラーメンがすごい出回っているので、腸に負担がかかっている人が多いです。

腸に負担がかかりすぎて、腸に穴が空いてしまう現象をLGS(リーキッドガンシンドローム)と言います。

leaky gut syndrome:

Leak リークとは日本語でも情報がリークされたと言うのも「漏れる」という意味です。Leakyとは漏れているという意味です。

Gutは消化管です。内蔵という意味もあります。

ですからleaky gutとは消化管に穴が空いて漏れているという意味の病気です。

LGS:リーキーガットシンドロームとして聞く機会が増えてきいています。日本語では、腸管壁浸漏症候群という病名です。胃の粘膜損傷してしまい有毒有害物質が体内に広がる状態です。

その結果、喘息、食物アレルギー、花粉症、アトピー性皮膚炎、偏頭痛、下痢と便秘、関節炎、リュウマチ、更年期障害などを引き起こします。

この現象によってアレルギーになりやすかったり花粉症になったりします。

先程も書きましたが、LGSの最大の原因は食事です。

本来の食品ではなくて、加工されすぎた食品を毎日大量の食品添加物を摂取してしまうことです。加工食品の取りすぎと栄養素の不足によって胃酸の分泌が少ないことが当たり前のように多くの人に起きています。

胃液が適切に分泌されなければ、胃でのタンパク質の消化が不完全になってしまい、さらに腸でのアレルギー反応を高めてしまいます。

工場で生産されている乳製品と腸の関係は最悪です。バター、マーガリン、プロセスチーズ、ヨーグルト、牛乳。乳製品に含まれるカゼイタンパク質が小腸から体内に入ることから最終的に脳で蓄積されて中毒症状を引き起こします。イリノイ州立大学のサミエル・エプスティン博士は乳製品が女性の乳がんや子宮がんの原因の一つになっていると警告しています。

話がそれましたが花粉症になりたくなかったら、食べ物に気をつけた方がいいです。アレルギーもそうです。

まずは食べ物から気をつけましょう!

まずはスナック菓子やカップラーメン、乳製品を食べるのを辞めるのから初めてみたらいいでしょうか?

アレルギーの方も収まるかもしれません。